民事再生の基礎知識

民事再生と聞くとちょっと大げさな感じがしてしまうかもしれませんが、民事再生は自己破産や任意整理と同じ債務整理方法の一つです。個人再生と呼ばれることもありますが、ここではとりあえず民事再生と呼ぶことにします。民事再生とは借金でどうしようもない方、経営難で行き詰った企業などが建て直しを図るために利用する制度です。

民事再生民事再生と自己破産を混同してしまっている方もおられるかもしれませんが、この二つの方法は確かに似ている部分もあるものの、いろいろな部分に違いがあります。まず、自己破産は借金がすべてなくなるのに対し民事再生は借金すべてがチャラになることはありません。あくまで立て直しを図るための方法であり、債務すべてがなくなるわけではないのです。

また、自己破産の場合だと基本的に高額な資産や財産などは手放すことになってしまうのですが、民事再生だとそれはありません。このような違いがあります。なお、個人で行う民事再生は小規模個人再生と給与所得者等再生の二つがありますからこちらも併せて覚えておきましょう。民事再生を行うには必要書類を用意して個人再生委員を選任、その後裁判所に再生計画案を提出して認められればそれをもとに返済を始めます。

借金の債務整理

債務整理の方法としてもっともよく知られているのは自己破産ではないでしょうか。借金がまったくないという方でも自己破産という言葉は聞いたことがあるでしょうし、借金を全部なくすことができる方法として広く知られています。債務整理には自己破産しかないと思っているような方もいるかもしれませんが、実際には自己破産以外にも複数の債務整理がありますし、それぞれに特徴、メリットやデメリットがあります。

自己破産自己破産は借金をすべてなかったことにしてくれる債務整理の最終兵器のような方法ですが、その代償として資産や財産は手放さないといけません。マイホームや高価なアクセサリーなども手放さないといけないことが多いですし、それらを売却して債権者への支払いに充てることになります。いくら借金がチャラになるといっても資産を処分されてしまうのは忍びない、せめてマイホームだけでも残しておきたい、と考える方がいても不思議ではないでしょう。

では、そのような方法は存在しないのかというと、実はあります。債務整理の一つである民事再生という方法を利用すると財産、資産を残したまま債務整理することが可能なのです。ここでは、あまり知られていない民事再生について詳しくお話しますから、自己破産を検討していた方も今一度民事再生にも目を向けてみましょう。もしかすると自己破産よりも民事再生のほうが向いているかもしれません。このサイトを参考に今後の進む道を考えてくださいね。