まずは弁護士に相談

その気になれば民事再生、個人再生は一人で行うこともできますが、素人では相当高いハードルをクリアしなくてはなりません。いろいろな知識が必要となりますし、いたずらに時間を無駄にしてしまう恐れもあります。そのため、民事再生をしたいのなら法律のプロである弁護士に相談することが大前提となります。

弁護士弁護士は法律のプロフェッショナルであると同時に借金問題のプロでもあります。弁護士によって得意分野は異なるものの、こうした問題については弁護士の得意領分と言っても過言ではないでしょう。スムーズに個人再生の手続きを進めてくれますし、相談している段階で個人再生以外の債務整理方法を提案してくれるかもしれません。

無料で相談できる法律事務所もたくさんありますから、まずは気軽に相談することをおススメします。先ほども言ったように、自分にもっともマッチしている債務整理が民事再生とは限りませんし、プロの目から見るとほかの方法がベストかもしれません。そうした判断もしてもらえますし、スムーズに手続きも進めてもらえますから弁護士に依頼するのはマストです。まずはインターネットでリサーチし、債務整理を得意とする弁護士を見つけることから始めましょう。

メリットやデメリット

民事再生のメリットですが、もっとも大きなメリットは財産を処分しなくてもイイということです。先ほど自己破産との違いについてお話しましたが、自己破産だと基本的に財産は処分してそのお金を債権者への支払いに充てることになります。民事再生は財産を残したまま借金の額を減らす方法ですから、財産を処分する必要がないのです。

民事再生また、民事再生だと最大1/10まで借金の額を減らすことができますから、これも大きなメリットと言えるでしょう。大幅に借金を減らすことができますから、債務者にとってはメリットでしかありません。さらに、自己破産だと一部の職業への資格制限などがありますが、民事再生だとこれもないのです。

では、デメリットにはどのようなものがあるのかというと、自己破産のようにすべての借金がなくなる制度ではないということが挙げられます。自己破産だとすべての借金がなくなりますからそれ以降借金の返済をすることはないのですが、民事再生はあくまで借金の減額です。これはデメリットですね。また、返済能力がなければ民事再生を利用することはできませんから、民事再生をチョイスしたくてもできないという人がいるのも事実です。こうしたデメリットも覚えておきましょう。